09年の新規就農者11%増

2010/08/23

新規就農者が増えてるらしいです。
農林水産省の調査によると、2009年に新たに農業を始めた人が2008年比11.4%増の6万6820人との事。

内訳は…
新規就農者:6万6820人

  • 実家の農業を継いだ:5万7400人(前の年より15.6%増)
  • 農業法人などに就職「雇用就農者」、7570人(前の年より9.9%減)
  • 土地や資金をみずから調達して農業を始めた人数、1850人(5.6%減)

結構な増えようですが、農林水産省によると増加の要因の1つとして雇用環境の悪化があるらしくリストラされた方や内定を得られない若者などが、実家の農業の跡継ぎとなったケースが増えたのではないかと分析しています。

年代別では

  • 60歳以上が20.8%増:3万3580人
  • 40~59歳が2.5%増:1万8210人
  • 39歳以下が4.2%増:1万5030人

数字から判るように、若者の新規就農者が増えたという事ではなく定年後、リタイア後に農業を始めたケースが多いようです。

上記の実家の農業を継いだ:5万7400人(前の年より15.6%増)この内訳もどれくらいかは解りませんが、定年後の高齢農家さんが中心なのかと思います。

若者が就農しなければ日本の農業は現状変わる事はないでしょうね、このサイクルのままだといずれ継ぐ人は確実にいなくなります。

農業が流行ってるって言いますけど、実際どうなんでしょうね?
農業が流行るって言うより、農業関連の産業が流行ってるって感じじゃないでしょうか。
マルシェだったり有機野菜、オーガニック野菜だったり、EC、農業ベンチャー…

農業がブームなのは確かですが、「甘くないの百も承知だから農業に従事したい!!」
って人は少ないのかな~とか思ったり。

ウチは第一種兼業農家なのであまりあ~だこ~だ言える立場ではありませんが、難しいところですね。


新規就農者11.4%増 リストラや退職が要因
掲載メディア:東京新聞

タグ:
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

twitter

    twitter