野菜卸価格高騰で農林水産省が対策に

2010/10/10

今年は米の出来が最悪でした。
原因は今年の異常とも言える猛暑が原因です。

ウチが卸した米に一等米は一袋も無く、三等のみの異常事態。
それでもましな方で、米穀で一緒になった米農家さんは規格外をつけられてしまいJAで買ってもらえなかったそうです…


猛暑の影響は米だけでなく、野菜の高騰と言う形で一般家庭に打撃を与えています。
野菜の高騰は高温と雨が降らなかったことが原因ですね。
ちなみにウチで育てていた小松菜ダメにしました…(一応食べたけど…はっきり言って美味しくなかった^^;)

下の価格が東京卸市場の主な野菜の価格です。(10月5日時点)
1kgあたりの卸価格と値上がり率になります。

大根
1kgあたりの卸価格:134円
値上がり率:47%
白菜
1kgあたりの卸価格:124円
値上がり率:72%
ほうれん草
1kgあたりの卸価格:812円
値上がり率:53%
レタス
1kgあたりの卸価格:554円
値上がり率:296%
きゅうり
1kgあたりの卸価格:377円
値上がり率:60%
トマト
1kgあたりの卸価格:620円
値上がり率:67%
ピーマン
1kgあたりの卸価格:493円
値上がり率:80%
バレイショ
1kgあたりの卸価格:167円
値上がり率:61%
タマネギ
1kgあたりの卸価格:142円
値上がり率:67%

この事態を重くみた農林水産省は8日、「野菜出荷安定対策本部」を設置し、対策の検討を始めたそうです。
農家の僕の意見とすれば、「規格外野菜をもっと積極的に食べましょうよ。」って事ですね、市場に出回らずに処分される野菜がどれほどあることか!!
これは猛暑ウンヌンではなくて根本の話になってしまうんですけどね。
曲がっている、大きすぎる、色が薄い、等など…結局調理してしまえば形なんて関係ないんですよ。

農家は自宅で食す農作物に殆ど農薬を撒きません、(ウチだけか?w)
市場に卸すわけでもないので、どんなに曲がろうと、色が薄かろうと、虫食い穴があろうと食べれますからね。

僕は米の規格には納得いってないんですが、野菜の規格も見直すべきところが多い気がします


元記事:白菜1個が800円!野菜の猛暑後遺症深刻
掲載メディア:【読売新聞】

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

twitter

    twitter